宝彩有菜へe-講座、会員の広場 
私の修行コーナー
(その16)

  (home/back/index/next)


  投稿例です。
  送られてきたものから掲載しております。手動でおこなっていますので、すぐには掲載されません。
掲載されて都合の悪いもの、悪くなったものは、何番削除願いますとメールください。速やかに削除します。

掲示板(16)
掲示板→(01) (02) (03) (04) (05) (06) (07) (08) (09) (10) (11)(12)(13)(14)(15


(16)

(16-04)
 修行すると若返るとは?(KNさん)

(16-03) エクスタシーはちっとも疲れません。(かめわさん)

(16-02) なんだかずっと感動しているような壮大な気分です。(はじめさん)

(16-01) ロケットみたいに不要になった推進装置は切り離せ。(ふうすけさん)


==============================================
私の修行:(16-01)
title: ロケットみたいに不要になった推進装置は切り離せ。
(ニックネーム:ふうすけ)さんより
---------------------------------
ふうすけさんからのメールに返信したものを掲載します。
宝彩有菜
--------------------------------
ふうすけ 様

メールありがとうございました。
宝彩有菜です。

> 宝彩有菜先生
> ふうすけです。

はい、こんにちは。

> 自心脱親コースを終えましたのでお礼と感想をお送ります。

そうですか。

> このコースを終えて,父,母,祖父,祖母,おじさん,おばさん,いとこの姉ちゃん兄ちゃんや近所のおばちゃん,おじちゃんなど良い人に恵まれてこれまで幸せに暮らしてこれたなあ,ありがたいなあという感想を持ちました。

なるほど。

> そんな恵まれた生活の中でも苦しくなるプログラムを抱えるものなんだなあという驚きもありました。

そうですか。

> 中でも大好きな父が,幼い頃に酔って母や祖父と喧嘩したり,雇っている人に罵声を浴びせる様子から現在苦しくなるプログラムを作っていったんだなあとも感じました。

なるほど。

> また,大好きな父だけに憎んで戦うなんてやりづらいなあとも思いましたが,私が父で息子がこのようなワークをするなら大いに喜ぶだろうとも思いました。

なるほど。そうですね。

> 「息子よロケットみたいに不要になった推進装置は切り離して,どんどん気軽になれ,人生を謳歌しろ,宇宙へ飛び立て,おまえはよく頑張った。よくやった。」と言うだろうと思います。

なるほど。なるほど。

> 心象の親と戦うワークではカラオケルームで4回叫びました。もっとやる必要を感じていますが,酔っ払って怒り狂う父ちゃんとた戦える手応えも感じています。さらに機会を見て叫びに行きます。

なるほど。

> ワークの最後の感謝を記載していて,生まれて,生んでもらって,育ててもらって,いろんなプログラムを作れて,苦しくなって,宝采有菜先生の瞑想や修行や修行仲間に巡り会えてとても良かった。幸せだと感じました。ありがとうございました。

そうですか。(笑)

> ワークを終了して,プログラムの発動に気づきやすくなりました。

なるほど。

> たとえば自分の主張を通すために怒るプログラム。負けず嫌いのプログラム。馬鹿にされたくないプログラム。無能呼ばわりされたく無いプログラム。仕事にこだわるプログラム。女性を守るプログラム。ガミガミ言われたくないプログラム。約束,期限に縛られプログラム。高圧的な人や態度に反発するプログラム。早く早くと自分を急かすプログラム。無口な人や怖そうな人の機嫌に敏感なプログラム。イライラする人に引きずられるプログラム。女性好きのプログラム。女性の涙に弱いプログラム。沈黙が怖いプログラム。迷惑をかけたくないプログラム。ウソをつきたくないプログラム。職場で緊張するプログラム。上司の目を気にするプログラム。などなど

たくさんありますね。なるほど。

> これからは,これらのプログラムの発動に気づきながら,その度にマインドの優秀さやまじめさなどを認めながら過ごしていこうと思っています。

そうですか。なるほど。

> 上記のようなプログラムの発動に気づくたびに「このプログラムは正常です」と唱えるととても安心した気持ちになります。マインドがそうか,そうだろうと安心したような感じを受けます。これを続けていると知らず知らずのうちに気にならなくなるような気がしています。どうなるか楽しみです。

なるほど。それは楽しみですね。

> たとえば自分の主張を通すために怒るプログラム。負けず嫌いのプログラム。馬鹿にされたくないプログラム。無能呼ばわりされたく無いプログラム。仕事にこだわるプログラム。女性を守るプログラム。ガミガミ言われたくないプログラム。約束,期限に縛られプログラム。高圧的な人や態度に反発するプログラム。早く早くと自分を急かすプログラム。無口な人や怖そうな人の機嫌に敏感なプログラム。イライラする人に引きずられるプログラム。女性好きのプログラム。女性の涙に弱いプログラム。沈黙が怖いプログラム。迷惑をかけたくないプログラム。ウソをつきたくないプログラム。職場で緊張するプログラム。上司の目を気にするプログラム。などなど

このように、たくさん、発見して、客観視できるのは、とても良いことですね。
ほとんどは、幼少時に獲得したもので、自動反応になっているわけですから、それらが必要なければ、切り離すのが、賢明ですね。

> 「息子よロケットみたいに不要になった推進装置は切り離して,どんどん気軽になれ,人生を謳歌しろ,宇宙へ飛び立て,おまえはよく頑張った。よくやった。」と言うだろうと思います。

この言葉は、そのまま、幼いころから、今まで頑張ってきた自分自身に言ってあげてもいい言葉ですね。

> 「息子よロケットみたいに不要になった推進装置は切り離して,どんどん気軽になれ,人生を謳歌しろ,宇宙へ飛び立て,おまえはよく頑張った。よくやった。」と言うだろうと思います。

そうですね。とても良い言葉だと思います。

とても、嬉しいメールありがとうございました。

宝彩有菜

--------------------------------
宝彩有菜のコメント

ロケットを高く打ち上げるために必要な推進装置は、宇宙に飛び出せたらもう必要ないですね。
確かに。

ありがとうございました。

宝彩有菜
--------------------------------



==============================================
私の修行:(16-02)
title: なんだかずっと感動しているような壮大な気分です。
(ニックネーム:はじめ)さんより
---------------------------------
宝彩先生

自己尊立コース無事やり終えました。はじめです。

息が止まりそうな憑き物が落ちて、なんだかずっと感動しているような壮大な気分です。
まずお礼を申し上げたいです。本当にありがとうございました。

今まで掛け違えて押し込めて押し込めていた心のタンスも
納得出来てみるとなんであんなにしがみついていたのか不思議なくらいです。
やっぱり知っている、と理解できた、は全然違いますね。

消えてしまいたいと本気で思っていた、飛ばされる木の葉のような気持ちも、蓋を開けてみれば自分で出来ないと、いつか失敗すると信じてしまっていた思い込みで。
自ら囚われる道を自分で選んでいたんですよね。わざわざ(笑)

りゅら姫物語の愚龍やパー仙人やプリリンのお話は改めて考えると凄まじく突き刺さりました。

自分ですることは自分で決めれたはずなのに、捨てることが死ぬほど怖かったんですが、これもやっぱりマインドの抵抗だったんですよね。
本当にシンプルなのに。きっと相当強欲だったんですね。なんか笑えました。
もう「〜じゃないと生きていけない」って怯える必要もないんだってわかります。すごく心が喜んでます。
きっとまだまだいっぱい教えてもらいながら手放して生きていけるんですね。

いっぱい感じて大事にしたいって今は思います。
ちゃんと自分の人生を生きていきます。

本当にありがとうございました。

はじめ

--------------------------------
宝彩有菜のコメント

素晴らしいメールですね。
喜びが伝わってきます。
ありがとうございました。

宝彩有菜
--------------------------------


==============================================
私の修行:(16-03)
title:エクスタシーはちっとも疲れません。
(ニックネーム:かめわ)さんより
---------------------------------
宝彩先生

一昨日は充実した瞑想会と懇親会をありがとうございました。
懇親会で宝彩先生に、自分のエクスタシー体験について話させていただきました。
じつは、自分のエクスタシー体験について人に話すのは、あの時が初めてでした。

宝彩先生が「電車内エクスタシー自粛」を3年もされていた話が、とても可笑しく印象
に残りました。そこからヒントを得て、昨夜から日常生活での気分の標準レベルをエク
スタシーに引き上げてみました。

今日一日過ごしたところ、とても良い状態です。
手足がポカポカして、明らかに血行が良くなっています。
仕事が終わった時の疲労度、肩こりも軽くいつもより体に余力を感じます。

そして、あれこれ考えるマインドの暴走を止めるのにも、とても効果がありました。
「エクスタシーに戻るぞ」と考えるとマインドがたちまち大人しくなります。

瞑想会で「嘘の作り笑い」は15分以上続けると、疲れ果てるだけとの話がありましたが、エクスタシーはちっとも疲れません。新生児、そして人間のもともとの自然な状態なのだということが、実感としてわかりました。

ありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。

--------------------------------
そうですね。素晴らしいですね。ご修行の賜物だと思います。

>宝彩先生が「電車内エクスタシー自粛」を3年もされていた話
そうですね。その後、キタマチさんほか、みなさんとのやりとりで、「自粛の解除」のDNA的な意味が解明されたのも、興味深かったですね。

ありがとうございました。

宝彩有菜



==============================================
私の修行:(16-04)
title:修行すると若返るとは?
(ニックネーム:KN)さんより
---------------------------------
今回は、興味深いご質問のお便りをいただき、転載OKもいただきましたので、その回答とやりとりを、ここに※掲載したいと思います。(※「宝彩日曜新聞」第493号)
題して、「修行すると若返る」
--------------------------------
KN  様

メールありがとうございました。
宝彩有菜です。

> 先生、こんにちは。KNです。
> 引っ越しでバタバタしていましたが、ようやく落ち着いてきました。

そうですか。

> 最近、体調も少し不安定だったので、一緒にいる家族の存在のありがたみを感じています。

そうですか。

> お陰さまで、パニック障害の教材が届いてからは、パニックの症状は出ていません。
> 今年は特に呼吸に気をつけながら、修行を進めていきたいです。

そうですか。それは良かったですね。

> 今日は、新しいメガネを受け取りに、メガネ屋さんにいってきました。
> とてもよく見えるようになり、快適です。

なるほど。そうですか。

> でも、ちょっと不思議に思っていることがあって、先生に伺ってみたくなり、今日メールしてみた次第です。(前置きが長くてすみません)
>
> 先日まで使っていたメガネは2年半ほど前に作ったものです。
> 作ってもらった時は、よく見えるなあと思ったのですが、
> いつのまにか、メガネをかけてもよく見えなくなって、疲れるようになりました。実際に、メガネをかけての矯正視力は低下していました。

なるほど。

> そこで、今回作ってもらったのですが、視力検査をしてもらうと、
> 裸眼の視力は前回作ってもらった時と、ほとんど全く変わらないのです。
> でも、レンズは前回より確実に度数が進んでいる。
> なんだか、ちょっと不思議だなと思っています。

なるほど。

> 眼科でもよく調べてもらいましたが、白内障や緑内障、網膜剥離といった眼の病気もないし、老眼でもない。
> 大きな持病もありません。昨年末の健康診断でも全く問題ありませんでした。
> 仕事も週3日で残業もそんなにありませんので、楽なほうだと思います。
> 週に2、3回ジムで筋トレをしたり、家でも体操したり、食事も3食おいしく食べられています。

そうですか。

> 裸眼で測ると視力が低下したわけでもないのに、どうして前のメガネで見えなくなったのだろうか、と不思議なのです。

なるほど。

> 自分はまだ不要なプログラムをごっちゃり持っているなという印象はあるので(これでもプログレスコースを始めた2年前に比べるとずいぶんましになりましたが)、それで視力に影響がでているような気はしています。

なるほど。

> 特に、不安や緊張系のプログラムがまだ残っていて、肩と首がすごくこっています。

そうですか。

> 先生の知人や、講座の受講生などで、私みたいに裸眼の視力が悪くなっていないのにメガネの度数が進んだ方はいらっしゃいますか?
> 逆に、強度の近視でも視力が回復した方はいらっしゃいますか?
> 視力が低下しないために、あるいは向上するために何かアドバイスがありましたら伺いたいです。
> 長文失礼いたしました。

なるほど。
ええと、そうですね。瞑想や、プログレスコースの修行を始めると、いろいろ体にも良い変化が表れます。
肌のつやが良くなったり、姿勢が良くなったり、白髪が黒くなったり、さまざまです。
肩凝りがひどくなりすぎて、痛みを感じるのを通り越してしまっていたのが、そこからの柔軟化への回復途上で、肩まわりが一時的に痛いと感じる場合もあります。

瞑想やプログレスコースの修行をしていくと、アタマの中のいろいろな緊張が取れて行きますから、それが、身体の柔らかさ、若々しさに繋がっていくわけです。心身が軽快になっていくのは、とても、嬉しいことです。楽しいことです。

さて、心が軽やかになっていくと、身体がどんどん若やいでいくわけですが、ご質問の目の若々しさとは何ぞやを、まず、お話ししてから、ご質問にお答えしましょう。

目が良く見える方が良いに決まっていますが、目は遠くが見えるのが目の全部の性能ではありません。
目の性能である、焦点を合わせる調整能力は、若い人の方が強いです。目の性能が若くなるということは、調整能力が若いころのように強くなるということです。
老眼は、調整能力が減衰した状態です。近眼は、調整能力が充分あるからなれる状態です。
老人は、近いところに焦点を合わせることができません。焦点を近い所に合わせることのできる力は、水晶体の周りの筋肉の収縮力です。力を入れるとレンズが丸くなり、近い所に焦点が合います。力を抜くとレンズが薄くなり遠くに焦点が合います。

子どもの目は、調整能力は優れていて、目の前5センチの小さなものにも、焦点をあわせることができます。
老人は、30センチ先の新聞を読むにも苦労します。ですから、おばあちゃんが針の穴に糸を通すのができなくて、孫に頼んで、小さな穴に糸を通して貰うという光景になります。

実生活では、目先の、つまり、手前の5センチ、10センチの焦点の合い方の変化は、あまり、気になりませんが、実際は、焦点距離が、例えば、面前、20センチから、15センチに改善(近くなったので若返った)としても、たぶん、実感はありません。
しかし、それができると、本を読むにも近づけて読みますから、今度は、遠くの焦点が合いにくくなってきます。ちょうど、若い人が受験勉強をしていると近視になるように、遠方が見えずらくなるわけです。それで、視力が落ちたと、普通思います。実際は、若返って、目先の最短焦点距離が、20センチであったのが、15センチに縮まったわけです。
この方が、よほど、目の性能的には、すごいことなのですが、それは得した気になりません。力を入れると前より近くが見えるようになっているわけですが、それは、たいして、ありがたいとは思っていないと言うことです。
逆に、「遠くが見えずらくなったなぁ。メガネがあってないなぁ」という感想になるのでしょう。

つまり、瞑想したり、プログレスコースの修行をすることによって、眼の調整する力も若返ったということです。若者のような良い目になったということです。近眼にもなれるようになったので、近くを見ていると遠くがみえずらくなったということでしょう。

老人になると、目の筋力が落ちて、近くに焦点を合わせることはできません。逆に力が抜けているので、(筋力が衰えて力を入れられないので)遠くが良く見えるようになるということです。

ですから、KNさんに言えるアドバイスは、たぶん、眼が若返っているので、近眼になりやすいですよ。気を付けてくださいね。と、受験勉強で、メガネの度が進む受験生に言うのと同じことですね。(笑)

KNさんは、おそらく、目だけでなく、他のところも、注意深く調べれば随分アチコチ若返っているのだろうと思います。
また、何か面白い発見があったら、ご報告ください。
今日は、楽しいお便りありがとうございました。

宝彩有菜
--------------------------------
(と、返信したら、そのまた返信が、すぐに追伸で来ましたので、それも、転載します)
--------------------------------
宝彩有菜 様

お返事ありがとうございました。
KNです。

なるほど。そうですか!
メガネをかけても見えづらくて度数が進んでしまったと不安になっていましたが、悪くなったのではなくて、若返ったなんて、びっくりです。
「近視は若いからなれるのだ、ありがたい」なんて考えたこともなかったです!

けっこう長い時間、「裸眼は悪くなってないのに、なんで?なんで?今後どうなるか怖い」
と不安な気持ちになっていたのです。
もっと早く先生にメールすればよかったです。

若返っていると言われると、そうかもしれません!
そういえば、先日10数年ぶりに同級生に会った時に、(最近、昔の友達が「会いたい」って戻ってきてくれたのです)
「すごく肌がキレイ」とか「前よりスリムになった」って言われました!
お肌のお手入れなんて、水で顔を洗って保湿クリームを少しつけるくらいしかしませんし、体重もそんなに変わっていません。

化粧水とか、美容液とか、たるみに効くクリームとか、その他もろもろ顔に塗っていましたが今は塗っていません。
前は出かける前に、白髪用のマニキュアというのを白いのが目立つところに塗っていましたが、この半年間、一度も塗っていません。

先生のメールのおかげでとても元気になれました!
楽しく修行続けます!
・・・とはいうものの、遠くもよく見えるようになるといいなと思ってしまいますが、それってやっぱり「欲」でしょうね。(笑)

KN
--------------------------------
(追伸終わり)
--------------------------------
「笑雲先生」
「なんだい、小松茸」
「瞑想や、修行をしていると、どんどん若くなるのはいいのですが、いったいどこまで若くなるんですか。子供に戻ってしまうんですか」
「そんなことは、ない」
「じゃぁ、どこまで若返るんですか」
「自分の自然の年齢まで戻れる。大方の人は、自分の自然の年齢よりも、10歳、20歳あるいは、30歳も先行して年老いている。それが元に戻るわけだ。そして、戻ったところからは、今度は自然の年齢の進み方で、自然に年を重ねる」
「ほう、そうしたら、結局、20も、30年も得をしますね」
「そうだよ。ものすごい得だ。瞑想や修行はどんな秘薬よりもすごい。まるで魔法だ」
「ええっ、そんなに得するんだったら、どうやってやるのか、早く教えてください」
「いくらでも、教えてあげているが、聞いただけでは、自分の若返りにつながらないよ。自分でやらなければ、自分のものにならない。聞いただけで、何もしないのなら、絵に描いた餅だ」
「なんか、聞いただけて、若返る話はないですかね。笑雲先生」
「ポカッ」
「痛ッ」

宝彩有菜
--------------------------------




(home/back/index/next)

(C)all rights reserved Alina Hosai 2000-2018
ホーム