宝彩有菜の著作内容紹介 29

(ホームに戻る) (back)

まぁいいかぁ

まぁいいかぁ
宝彩有菜 著 
定価1365円
(本体1300円)

廣済堂出版 刊
四六判並製  
(2006/11/20 発売)

ISBN
4-331-51194-4
   

心配事がウソみたいになくなる魔法のコツを教えます。



(イラスト、装幀)

ブックデザイン
高瀬はるか

カバーイラスト
西村暁子

本文イラスト
密田 恵



kindle (電子書籍)にて出版。2016/6
(本体ブックカバーより)

人生を”少しだけ”降りてみる

(まえがきから)

「賢者の言葉」というのがあります。
人生を深く知っている人の言葉で、
自分を癒したり、元気づけたり、窮地から救い出してくれる言葉です。

ケセラセラ(なるようになる・・・・・イタリア)、
セラヴィ(それが人生さ・・・・・フランス)、
レット・イット・ビー(そのままであらせよ・・・・・イギリス)など、

それぞれ、ふだんの話し言葉ですが、
生活の中でタイミングよく使われると、ふと肩の力が抜けたりするので、
それらは賢者の言葉と言われています。

目本にも、それらに匹敵する賢者の言葉があります。
「まぁいいかぁ」もそのひとつです。

人は、何か一生懸命になりすぎているときに、よく窮地に陥ります。
人生を深刻に考えすぎたり、重荷を背負いすぎたり。
そして、ハ方塞がりになって、出口が見えなくなったりします。
そんなとき、この賢者の言葉を□にすると、
気分を切り替えたり、行きどまりの窮地から抜け出ることかできます。
パーツと視界が開けたりします、
ほっと、安堵のため息がでたりします。

この本は、その賢者の言葉「まぁいいかぁ」を
具体的にどんなときにどう使うのか、そのハウツー本として書いてみました。
すぐに使えますし、知っていればいざというときにとても便利です。
「まぁいいかぁ」という言葉を自分のものとして、
人生を気楽に生きる心の健康のための
便利なツールとして携行してください。
きっと、人生が、安心できて、もっともっと楽しくなると思います。
(目次)

第一章 「まぁいいかぁ」で心を軽くする


人生を半分、降りてみる

「やらなくてはいけない」という気持ちをやめる

「お先にどうぞ」で心はラクになる

なんでも自分に責任があると思ってしまうなら

イヤな気分を簡単に解消する方法

問題は、とりあえず「棚上げ」してみよう

「気分転換の達人」になるコツ

劣等感をなくすにはどうすればいい?

ツイてなくても「まぁいいかぁ」

頑張らなくても生きていける

心配を、あっという間に安心に変える方法

「まぁいいかぁ」で自分が好きになれる

さびしくてたまらないときの考え方


第二章 「まぁいいかぁ」でなりたい自分になる


「過去の自分」を責めない練習をしよう

自分の悪いところばかりが気になってしまうときは?

めげない人に学ぼう!

自分に自信がなくても「まぁいいかぁ」

我慢するのをやめてみる・・・・初級編

我慢するのをやめてみる・・・・中級編

今日一日、宇宙人になってみる

「劣等感」「自分嫌い」を直したいなら

才能がなくても大丈夫

どうしたら心配せずに前進できる

人より遅くても気にしない

考えすぎをやめれば、うまくいく

無理をしないで自分を変える方法


第三章 「まぁいいかぁ」で人間関係をラクにする


人のことをうらやましいと思ってしまったら

苦手な人をなんとも思わなくなる考え方

引っ込み思案でも「まぁいいかぁ」

人に認められなくても大丈夫

「よい○○」をやめてみよう

「等身大の自分」で人とつき合うコツ

人前であがりやすい人、まったくあがらない人の違い

愛されるより愛してみると、うまくいく

勝ちたい気持ちをやめてみる

他人を許すと、自分がラクになる

人を傷つけてしまっても「まぁいいかぁ」

別れた異性を忘れられないなら


第四章 「まぁいいかぁ」で人生が楽しくなる


自分を責めてもいいことはない

自分の心のクセを知ると人生がラクになる

幸福になろうとしてはいけない

過去のことは[まぁいいかぁ」で水に流そう・・・・初級編

過去のことは「まぁいいかぁ」で水に流そう・・・・中級編

今日一日、人生が進まなくても[まぁいいかぁ」

「まぁいいかぁ」と言うだけで、今が楽しくなる

人生に目標かなくても大丈夫

人生はイライラすると短くなる

心の荷物を軽くするコツ

生きがいかなくても幸せになれる

生き方を変える必要はない





目次副題付き画面へ

A4印刷用「まぁいいかぁ」パンフレット(PDF)表面 同(PDF)裏面

(宝彩有菜)



(ホームに戻る) (back)






© Arina Hosai 2006(all copyrights are reserved,2006)










(ホームに戻る) (back)