宝彩有菜の著作内容紹介7

(ホームに戻る) (back)

「気楽なさとり方 般若心経の巻」 

ISBN:4531063309
179p 19cm(B6)
日本教文社 (1999-06-15出版)
宝彩 有菜【著】
NDC分類:183.2 本体価:\1,190

【寄せられた読者の言葉



「さとりは技術だ。科学だ。
誰でも日常で練習すれば、さとれる」もし、本当にそうなら、どのように具体的に練習すれば良いのでしょう。
しかも日常生活を送りながら。
本書はその方法を、「般若心経」に沿って分かりやすく説明したものです。

「さとりは技術だ。科学だ。誰でも日常で練習すれば、さとれる」


本書はその方法を、「般若心経」に沿って分かりやすく説明したものです。

第1章 「欲」とは何か
第2章 「空」とは何か
第3章 「知恵の完成」とは何か
第4章 「対機説法」とは何か
第5章 噴水の水が光る
第6章 「執着」とは何か
第7章 般若心経の意図
第8章 「大明咒」とは何か
第9章 具体的な修業の方法
第10章 修業は楽しい


イラストは高橋典子さん







ホームへ