宝彩有菜の著作内容紹介2

(ホームに戻る) (back)

「気楽なさとり方」 

ISBN:4531062914
213p 19cm(B6)
日本教文社 (1997-01-25出版)              
宝彩 有菜【著

NDC分類:159 本体価:\1,267

【寄せられた読者の言葉】




禅の十牛図を通して、心の操縦方法をユーモラスに語ります。

ほぉ、こうしてさとるのか。
心が軽くなり、人生が開けてゆく10のステップの秘密。
さとりは神秘ではありません。
さとりは技術です。
科学です。
この本は、さとり方について、手順を追って説明しています。
さとりのコツがわかります。
誰でも、日常で練習すれば、さとれます。
こんな簡単な、愉快な、さとり方があったのかとビックリします。
なるほどと思います。



1 尋牛・牛の探索―欲は捨てられないもの
2 見跡・足跡を見つける―欲を発見する
3 見牛・牛を認める―欲を観る
4 得牛・牛を捕らえる―欲を捕まえる
5 牧牛・牛を手なずける―欲を手なずける
6 騎牛帰家・牛に乗ってわが家に帰る―欲を飼い慣らす
7 忘牛存人・牛を忘れる―欲を手放す
8 人牛倶忘・牛も自己も忘れる―自分が消える
9 返本還源・源に還る―普通に生活する
10 入廛垂手・普通で至福―愛からの奉仕
補講(思考の一旦停止訓練;思考の一方通行逆行訓練;思考の徐行運転訓練)
追 実践的な復習―小松茸、ついに牛を捕まえる

イラストは谷岡ヤスジさん


 




ホームへ