宝彩有菜の著作内容紹介 34

(ホームに戻る) (back) (サイン本を販売しております。→コチラ


心と体がスッキリする
「1日15分」
瞑想法


PHP研究所  
PHP文庫
2010/12/01
本体価格552円(税別)
宝彩 有菜【著】


----------------------------------------------
前書き
----------------------------------------------

瞑想は、頭の中の情報を整理整頓し、頭をスッキリさせるための技術です。また、瞑想することによって、頭は鍛錬され、元気にパワフルになっていきます。

瞑想は、二千五百年以上も昔に考案され完成されたものですが、情報量が飛躍的に拡大している今ほど、瞑想が大切な時代はないのではないかと思います。
瞑想という優れた頭の整理技術を知らないで、この情報過多の現代を生きるのは、まるで、ライフジャケットをつけないで情報の激流に翻弄されているようなものです。
あるいは、信号機が灯かなくなって、交通マヒに陥る大都会に居るようなものです。

また、瞑想することで、頭の中の整理整頓だけでなく、毎日休み無く働いている頭に極上の休息をプレゼントすることができます。ほかのどんな休息でも得ることができないような、最高級のリラックスタイムを得ることができます。

ぐっすり熟睡できて目覚めた朝は、とてもスッキリして気持いいですね。朝からいい気分になります。瞑想すると、いつでも、それ以上の爽やかな快い気分を、保つ事が可能です。
記憶力、集中力、発想力がアップします。仕事も通常より速くこなすことができるようになりますし、プライベートも充実します。
毎日の生活に活気や潤いが生まれ、幸せを感じられるようになります。一日、わずか10分の瞑想でそれが可能です。

誰の頭も、自分で思っている以上のとても素晴らしい能力を持っています。ところが、日常生活をしていると、「邪魔なゴミ」が脳内にたくさん貯まっていますので、なかなか本来の実力を発揮することができません。
書き散らかしたメモ類やくしゃくしゃに丸めた紙が机の上に散乱していると仕事に支障をきたしてしまいますが、それと同じようなものです。

もし、それらの邪魔物がなくなれば、頭はすぐに、5倍、10倍の能力を発揮します。
実は頭の中にあるゴミのの片付け作業は、睡眠中行われているのですが、たいてい、次の日に持ち越してしまいます。しかし瞑想をすれば、短時間で、それらの邪魔物を効率的に、片付けることができます。また、一日15分程の瞑想は、約2時間の睡眠に匹敵しますので、睡眠時間を短縮することも可能です。

瞑想は脳の中の効率のよい整理整頓の技術です。毎日の瞑想で、いつも頭がクリーンに保たれていると、「自分の能力アップしていること」が実感できますし、爽やかな気分になり、幸せを感じられるようになります。

瞑想は、頭をリフレッシュし活性化させるためのもっとも優れた、シンプルな方法です。是非、この本を読んで、そのやり方を理解し、自分でやってみてください。
時間がなければ、一日に、5分でも、10分でもOKです。
スキマ時間を使って試してみてください。
すると、すぐにその素晴らしい効果を実感できると思います。百の説明より一つの体験です。

瞑想は、人生を楽しく生きていくための最良の知恵です。
これを体験すると見えてくる世界が変わります。
「瞑想を知らない人生なんて、考えられない」「瞑想を早く知って良かった」と必ず納得されると思います。人生をもっと豊かに充実させるための「秘伝の方法」を本書で明かしていきましょう。

2010年11月

宝彩有菜
----------------------------------------------
(目次)

はじめに
第1章 「瞑想」入門
第2章 「1日15分」の瞑想を始めよう
第3章 瞑想をより深めるための3ステップ
第4章 瞑想の効用
第5章 ちょっとしたスキマ時間でできる「一部瞑想
第6章、瞑想で、良い人生を送ろう
おわりに
今回は、「一部瞑想」というくくりで、多くの、瞑想上達支援方法、練習などを盛り込んでいます。

野球の試合をすることが「本格瞑想」だとすると、
「一部瞑想」は、キャッチボールや、バッティングの練習など、
試合に必要な一部の動きだけに特化して練習するのに似ています。
ゲームではありませんが、ゲームをするときに多いに役立ちます。
「一部瞑想」は本格的な瞑想ではありませんが、この本では、「一部瞑想」もすべて「瞑想」と呼ぶことにして、周辺の支援方法を列挙し、説明しました。

一部瞑想

F瞑想(えふめいそう)
一休瞑想(いっきゅうめいそう)
2B瞑想(つーびーめいそう)
自愛瞑想(じあいめいそう)
------------------------------------------
あとがき
------------------------------------------
いかがでしたか。瞑想を自分のものとして、日常でも活用したり、練習できるよう、具体的に、丁寧に説明してきました。

瞑想の手法は古代から確立されています。「集中」「気付き」「棚上げ」という浄化3手順を実践して、「頭」の中の思考の種を片付けていくというとても科学的なものです。

それらは、日常で部分的に練習することにより、さらに上達が早くなりまので、その練習方法についてもわかりやすく解説しました。
短時間でできる色々な練習もあります。どの練習も楽しく実践できると思います。

さらに、日常で簡単にできる瞑想を「一部瞑想」として、いくつか、その活用方法も具体的に説明しました。
限られた時間や、環境でもできますので、これを日中に少し行うだけで、常に心と体をスッキリ保てます。これも、是非実践してみてください。すぐにその効果に驚かれると思います。

瞑想は良いことです。簡単なことです。でも、いくらそう理解しても自分で実践して、自分でその良さを体験しなければ、何の意味がありません。この本を読まれたら、是非、簡単にできる「一部瞑想」からでも、ご自分で実践してみてください。きっと、すぐに瞑想の楽しさや効果が納得いただけると思います。

このような役に立つ知識が満載の本を発刊できますのは、PHP研究所の加藤知里さんの温かいご指導の賜物です。ありがとうございました。また、分かり易く素敵なイラストを描いていだたいた岡村典子さん、ありがとうございました。

この本が皆さまの人生を、より豊かに、より愛に満ちて、より楽しくするために、お役に立てることを願っています。

宝彩有菜


心と体がスッキリする「1日15分」瞑想法 (PHP文庫)

海外出版が決まりました。(2012/11)

出版社:北京快読伝媒有限公司/江蘇文芸出版社


宝彩有菜



(ホームに戻る) (back)







































ホームへ