宝彩有菜の著作内容紹介16

(ホームに戻る) (back)

1分間で心がすっきり晴れる本 



ISBN4-8379-6142-8

三笠書房  
王様文庫
2002/6/20
本体価格495円(税別)
宝彩 有菜【著】




カバーイラスト:EMIさん
カバーデザイン:高橋雅之さん

内容:

ちょっと落ち込んでしまった夜、なんとなく元気が出ない朝、パラパラッとめくってみてください。気になるフレーズが必ず見つかります。読めば1分かからないかもしれません。気持ちがスーッと楽になるのがわかります。

初の、文庫本、書き下ろしです。宝彩有菜
----------------------------------------------
目次


第1章 「好かれる」ことに敏感になっていませんか?

01 「好かれたい」の本当の意味
02 「私を認めて欲しい」は苦しい思い方
03 愛がなければ生きられないというのはどんな意味
04 弱点はみせたときから弱点ではなくなるもの
05 振られる前に振りたくなってしまう
06 怒りやすい人がどうも苦手な「自分」
07 面白いことを言わないといけないと思うと、つい暗くなる
08 八方美人はやめても大丈夫?
09 第一印象はほぼ100パーセント間違いです

第2章 ”その気分”のホントのところがわかる質問集

10 「くよくよ」はどうしたら止められる?
11 「重いため息」に気がついたときの処方箋
12 仕返しをしても恨みは取れない
13 ストレスは抵抗せずにかわすのが賢い
14 不幸な自分が落ち着ける変なクセ
15 頼られていると元気がでる「危ない罠」
16 望みを全部失っても自分を失ったわけではない
17 直面することを避けるとモヤモヤした気分になる
18 理屈は変えられないが、気分は自分の解釈しだい
19 ここぞと思うときに躊躇する自分が悔しい
 
第3章 素敵な気分をどんどん増やすちょっとした方法

20 楽しい気分を持続させるちょっとした魔法
21 ワクワクを応援するチャーミングな体勢
22 「おかしい」ときの「ふふふふ」(へへへへではない)
23 毎日感動できる柔らかい心を保つ方法
24 「充実してるなぁ」と思える10分間の集中。
25 「人生は素晴らしい」と思うタイミング 
26  忘れてしまいやすい「温かい愛」はこう思い出す
27 「愛しい」気持が熱く伝わる「そっと触れる」
28 「嬉しい」はオーバーアクションでさらに「嬉しい!」
29 毎日が楽しくなる方法の「PLan Do See」

第4章 それでも嫌なことがあった日の夜は・・・・

30 新しい石鹸を持ってお風呂に入る。(嫌なことは皮膚にかかったホコリ)
31 紙に書いて捨てる。燃やす。流す。(頭の中から追い出す)
32 人生の先達の本を読む。(忘れていることが分かる)
33 ストレッチか、ヨガをする。(緊張していた筋肉をほぐす。)
34 パジャマをやめて、ネグリジェで寝る。(心の緊張をほぐす)
35 サンクチュアリ(sanctuary)を作る。(心を静める)
36 許せないと思っている自分を許す。(気持ちがすぐに軽くなる)
37 「幸せになる魔法のボタン」を押してみる。(気持ちの切り替えを上手に)
38 心の荷物を捨てる。(新しい幸せ用の空間)
39 満天の星の応援団(どんどん悩みが小さくなる)

第5章 こう考えたら、人生はもっと楽しい!

40 今までの出演者がみんな集合している(人類は大祝宴中)
41 ドラマは悪役もいて成立する。(人生はドラマ)
42 「ラッキー」と思えばどんどん「幸運」が来る仕組み(幸運の連鎖)
43 「ごめんなさい」が素直に言えれば・・・・(美しい日本語)
44 考えるためでなく生きるためにエネルギーを使う(人生の目的)
45 心がどんどん穏やかになるちょっとした考え方(ポジティブな世界観)
46 自分自身を大切に手入れしよう。(肉体は借り物)
47 人にはその人にあった試練が来る。(すべてグッドタイミング) 
48 きちんとした生き方をした方が結局、楽です。(人生の真理)

----------------------------------------------
宝彩有菜


(ホームに戻る) (back)






© Arina Hosai 2002(all copyrights are reserved,2002)





































ホームへ