宝彩有菜の著作内容紹介 33

(ホームに戻る) (back) (サイン本を販売しております。→コチラ


「考えすぎない」
練習帳

ISBN4-8379-6579-0

三笠書房  
王様文庫
2010/10/29
本体価格600円(税込み)
宝彩 有菜【著】


本書は小社より刊行した
『1分間で心がすっきり晴れる本』を、
加筆、改筆、再編集のうえ、
改題したものです。
(三笠書房)
内容:

第1章 今すぐ気分爽快になる「気持ちの切り替え方」

 「認められたい」と考えすぎると
 「くよくよ」はどうしたら止められる?
 「腹立ち」を即座に消せる魔法
 のんびりもイライラも、選ぶのは自分
 望みを失っても「自分」を失わなければ大丈夫
 「許せない!」と思っている時の対処法
 たった5分で気分爽快になる「幸せのボタン」
 エネルギーは「生きることを考える」ためでなく「生きる」ために使う

第2章 自分にもっと自信が持てる「考え方」

 「自信に溢れた自分」になる即効のワザ
 行きすぎた「好かれたい」欲から自分を解放する
 弱点はどうしたら弱点でなくなる?
 重いため息に気付いたときの処方箋
 人生が軽快に回り出す「自信の取り戻し方」
 肉体は借り物---自分自身をもっと大事に扱おう!
 「人生は練習だ」だからチャレンジを続けよう
 試練は「人生のラッキーチャンス」
 頭の行き過ぎをチェックする8つのガイダンス

第3章 毎日幸せを感じられる「頭」の使い方の練習

 「とにかく笑える」練習をしてみる
 「人生は楽しい」と感動する練習
 幸せになる練習はこうすればさらに楽しい
 「ラッキー」と思えば、どんどん「幸運」が来る仕組み
 余計な情報を遮断すれば心は穏やかになる

第4章 肩の力が抜けて「気持ち」がラクになるヒント
 
 「もっと」の代わりに「ありがとう」
 自分自身に戻れる「10分間の静寂」
 元気がもらえる「星空の話」
 今までの出演者がみんな集合している
 良い考え方をしよう! 気分は自分の「解釈」しだい

第5章 それでも「考えすぎてしまう」ときの処方箋

 心配がすぐに止まる三分類法
 よりワクワクしやすい姿勢とは
 新しい石鹸をおろしてお風呂に入る
 要らないものを捨てると心に青空が広がる
 人生の先達の本を読む。そのたびにヒントが
 気分も筋肉も一緒にストレッチ
 ゆるーい寝間着で寝る
 自分の心が休まる所の作り方
 心の荷物を捨てて新しい幸せ用の空間を作る

第6章 人間関係に「嬉しい変化」が起きるちょっとしたコツ

 第一印象はほぼ100%間違い?
 達人ほど逃げるのが上手い
 素直な「ごめんなさい」は愛の言葉
 愛はもらうものではなく与えるもの
 「振られる前に振りたくなってしまう」とは?
 優しい気持ちが一番優しく伝わる方法
 自分の中にある「愛」を思い出すには
 みんなと楽しく盛り上がれる「同調」のワザ
 八方美人を穏やかにやめる方法
 怒るのも、折れるのも自由自在
 ドラマは「悪役」もいて成立する
 「頼られると元気がでる」は、危うい「頼り方」
 素直に喜べば、人生はもっと嬉しくなる!




宝彩有菜



(ホームに戻る) (back)







































ホームへ