宝彩有菜の著作内容紹介 24

(ホームに戻る) (back)

気楽なさとり方
10のステップ

著者
【宝彩有菜】
イラスト
【谷岡ヤスジ】
出版
【講談社】

●発売日 2004.10.20                   
本体 686円   


(初版の帯紙より)
疲れた心によく効く!
毎日が楽しくなる!!
10のステップで「欲望」を
コントロール。
練習すれば誰でも簡単にさとれる。
あの斎藤一人氏が感銘、まとめ買いした本

■この本は、
(日本教文社)で、
1997年に出版された、
「気楽なさとり方」の
リメイク版(文庫本)です。
単行本でお読みになりたい方は、→コチラ

■ステップ 1 欲は捨てられないもの―尋牛

さとっても欲はある
まずは欲を認識すること

ステップ 2 欲を発見する―見跡

気分が悪いところに欲あり
「自分」と「自分の思考」は別
元欲を探していく
諸悪の根源は「きりのない欲」

ステップ 3 欲を観る―見牛

マインドの三つの働き
マインドが感覚を作る仕組み
不幸感を作るマインドの三パターン
マインドは欲によって動く
期待しないから幸福になれる

ステップ 4 欲を捕まえる―得牛

自動反応するマインド
マインドが導く行動
「わっ、えっ、あっ」のあいだの思考

ステップ 5 欲を手なずける―牧牛

対人関係の緊張を解く方法
マインドは抵抗するもの
道案内に誘導されて自動高速反応
マインドの動きを切り替える四つの方法
気付き、大肯定、瞑想、愛、

ステップ 6 欲を飼い慣らす―騎牛帰家

元欲がわかれば思考も変えられる
元欲を簡単に探すテクニック
欲をカウントする訓練

ステップ 7 欲を手放す―忘牛存人

マインドの暴走を止めるには
しぶとい道案内の倒し方
「して欲しい」の反対は?

ステップ 8 自分が消える―人牛倶忘

自分が消えた状態
しーんと落ち着いた気分
無心にやると自分が消える

ステップ 9 普通に生活する―返本還源

さとっても普通の生活
「ほどほど」が案外難しい

ステップ10 愛からの奉仕―入廛垂手

毎日が、いつもうれしい

----------------------------------------------

補講1  思考の一旦停止訓練

補講2  思考の一方通行逆行訓練

補講3  思考の徐行運転訓練

実践  小松茸、ついに牛を捕まえる
(本作品は、1997年1月、日本教文社より刊行された「気楽なさとり方」を改題、加筆、再編集したものです。)
この本は、禅の十牛図をもとに、笑雲先生と、小松茸君のコンビでお話をしています。
その十枚の牛の絵は、谷岡ヤスジ先生にお願いして描いてもらったもので、今回も、
本文の各章の冒頭を飾っています。
が、実は、谷岡先生には、11番目の牛も描いてもらっていました。
今回は、その11番目の、「笑っている牛」が表紙を飾ることになりました。
笑っている牛は、表紙のほかに、本文の208頁にも登場しますので、ご参照ください。(一緒に笑えますよ。)

(宝彩有菜)




(ホームに戻る) (back)






© Arina Hosai 2004(all copyrights are reserved,2003)





































ホームへ