宝彩有菜の著作内容紹介3

(ホームに戻る) (back)

「続 気楽なさとり方」

ISBN:4531063066
227p 19cm(B6)
日本教文社 (1997-10-15出版)
宝彩 有菜【著】

NDC分類:159 本体価:\1,238

【寄せられた読者の言葉】


 
どのようにしたら、すぐに苦しんでしまう心を、いつも青空のような、さとった状態に保てるのでしょうか。
そのためには、苦しみに向かっている心に「そっちは苦しいぞ。こっちへ来い」と言って自分で戻すことが必要です。
具体的な方法が分かれば、誰でも戻せます。
本書は、心を青空にする15の「さとりの技術」を手順を追って説明しています。
イエスの言葉を解説しながら、さとりの技術を具体的に。


(1) なぐられて、ありがたい?
(2) 欲しいものをあげよう
(3) 敵を愛する?
(4) ありがたい。でも、なぜ?
(5) 大いに迷ってみよう
(6) 願いは、叶います
(7) 幸福を実感しよう
(8) 早くよりゆっくりが先です
(9) 心配の大きな木を育てないようにしよう
(10) 腹が立ったら、うれしいと思おう〔ほか〕



イラストは宮尾怜衣さ


ホームへ