宝彩有菜の e-講座         
No-4.  「認めて欲しい」の欲が動いたのを数える修行       (home/back/index)

人間は未熟で生まれてきますから、赤ちゃんの時は親か誰かの「愛」がなければ、生きていけません。
ですから、愛されるというのは、「生きていける」と同じだけの重要さがあるのです。

幼児になっても自分一人では生活していけません。より良い生活をするためには、親などに良く面倒をみてもらう必要があります。
つまり、この時点でも「認められる」というのは、「生きていける」と同じだけの重要さがあるわけです。

「頭」は、そのことを学習しますから、大人になっても「認められなければ、生きていけない」と頑固に思っています。
しかし、大人になれば自分一人で生きていけます。自分も親になれば、自分だけでなく子供の面倒もみなくてはいけません。

ですから、「認められなければ、生きていけない」というのは、変更しなければならないのです。
しかし、「頭」は頑固ですから、このプログラムで自動反応してしまいます。すると、大人になっていろいろなことがぎくしゃくしてくるわけです。これを訂正しましょう。これがこの修行です。

認められたい欲が動いたのを、数えます。
簡単には、「自分を認めて欲しい」と、心が動いたことを数えればいいのです。
「ああ、それは僕は前から知ってますよ」という何気ない会話も、この欲から言っているかも知れません。
そのほか、たとえば、「思わず、見栄を張ってしまった」と言うのもそうでしょう。
あるいは、「あの人を羨ましいと思った」というのも、根本は自分を認めてほしい欲があったのかもしれません。
さらに、「淋しい」と感じるのも同じ欲からかもしれません。

どのような形になって表に出てくるかは、それぞれの状況や精神状態で変わってくると思います。
この「認められたい欲」が出てくれば、それをしっかりチェックしましょう。
そして、それが一日に何回、この欲が起動したかを数えます。

目標をたてても良いですが、初めて行う時は、目標は立てないで、単純に、動いた数だけカウントしてみましょう。
上達すれば、「よし、この欲が立ち上がったら、すぐに気づいて、この欲に使われないようにするぞ」と、素早く欲から抜けることができるようになりますから、それの目標を立てても、良いです。

認めて欲しい欲から自由になってくると、本当の「優しさ」が、自分の心をいっぱいに満たし始めます。
それは、すばらしく豊かな、温かい感覚です。そして、そうです。勇気もあふれてきますよ。

(宝彩有菜)
  明日の目標 今日の結果 計画・反省・コメント
     
     
     
     
     
     
    一週間の反省・計画
e-講座の受講生は、気付き事項をメールしてください。
(C)all rights reserved Alina Hosai 2000,2002