宝彩有菜の著作内容紹介 44

(ホームに戻る) (back) (ブックマート

「感情の整理術」

感情は「思考」が先行して起こる。

i池田書店

ISBN:978-4-262-12355-4
本体定価:1200円
発売:2014/04/30 


手強い感情の整理の方法を、4つのグループに分けて、イラスト入りで詳細に説明しています。

(1)てんぱりトリタイプ
(2)根暗オオカミタイプ
(3)暴れクマタイプ
(4)ぐうたらブタタイプ

宝彩有菜

作成スタッフの方々をご紹介します。
制作はとても楽しかったです。
良い本ができました。
ありがとうございました。感謝、感謝です。

宝彩有菜

----------------------------------------------

staff(敬称略)

アートディレクション&デザイン 品川美歩
イラストレーション ワタナベケンイチ
執筆協力:舟川直美(からくり社)
編集協力:吉村文香(オメガ社)
編集:宇川静(池田書店)

----------------------------------------------

 

【まえがき】

  私たちは、毎日たくさんの感情に心を動かされています。楽しいこともありますが、苦しいことやつらいこともあります。苦しい感情やつらい感情は、なるべく早く手放したいと思います。その気分転換を図るためにと、お金を使ったり、お酒を飲んだり、レジャーをしたりしますが、それでは根本的な解決にならない場合も多いです。そもそも、どのようにしてそれらの苦しい、つらい、手ごわい感情が起こっているのか、それをよく理解していなければ根本的な解消にはなりません。

 この本では、手間やお金をかけずに、それらの手ごわい感情を、すぐに根本的に解消するテクニックを紹介します。ただし、この技術を身につけるには、まず、心はどのように動くのか、感情はどのように起こるのか、その仕組みを理解する必要があります。第1章で、それをていねいに解説します。次に、具体的にどのようにしたら苦しさやつらさが解消できるか、そのテクニックを詳しく解説します。私は多くの手ごわい感情を、その発生の仕組みの違いから4つのタイプに分けています。第2章では、各タイプをさらに掘り下げて詳しいメカニズムまで説明していますので、自分が日常で出会う感情についてもすぐに分類できて、冷静に対応できるようになると思います。

 さらに、第3章では、手強い感情をすぐに解消できるようになるために、日常で簡単にできるレッスンを書きました。練習してコツを身につければ、人生で出会うほぼすべての手ごわい感情は、簡単に解消できるようになると思います。また、巻末には、日々出会う百以上のさまざまな感情について、索引をつけましたので、個別の感情にも機敏に的確に対処できると思います。

 感情を整理する方法を知らないままで一生を送るのは、まるで、救命具もつけないであらしの海を泳ぐようなものです。つらく苦しい感情の波にもまれながらの人生では、とても穏やかで幸せな人生とは言えません。
本書を読んで、ぜひ、手強い感情をすぐに解消し、いつも明るくさわやかで、幸せな毎日を送れるようになっていただきたいと思います。

宝彩有菜
裏表紙です ↓


帯拡大



【ブックフェア】

青山ブックセンター青山本店(渋谷)で、宝彩有菜の『感情の整理術』を記念して、
ブックフェア開催。2014ゴールデンウィーク中。
ありがとうございました。
宝彩有菜





感情の整理術、索引作成用エクセル、「感情分類エクセル表」

(要PW:「宝彩日曜新聞」購読者特典:第235号)



【頂いたご感想等】

●『感情の整理術』、読みました。とても参考になります。

どうしてこんな気分になるのかな?とか、あの時こんな行動をとったのはどうしてだろうとか、立ち止まって考えるようにはなっ
たけど、元欲にたどり着く前にあきらめてしまうことも多いです。(そしてそのままモヤモヤをひきずる…。)こちらの本にはいろ
いろな感情がマインドの働きに応じて4つに分けられていて、すっきりわかりやすいですね。これを参照しながらなら、自力でた
どり着けるかも、とちょっと勇気が出てきました。

「複雑だと思われる100以上の感情が、4つの区分の強弱をつけたものの、2種の組み合わせで、表されるということです。俯瞰
すると面白いです。」とのこと。手ごわい感情も、「あはは。なぁんだ、こんなことだったのか」と思えれば心強いです。

(ソラ・東京都)

 
『感情の整理術』(池田書店)が重版になりました。
コンビニ「ローソン」にて全国販売。
ありがとうございました。
写真は、静岡沼津駅前ローソン店頭にて。 2014/6/16 


 


(ホームに戻る) (back)






© Arina Hosai 2014(all copyrights are reserved,2014)









(ホームに戻る) (back)







sys


感情分類エクセル表