宝彩有菜の著作内容紹介 36

(ホームに戻る) (back) (サイン本を販売しております。→コチラ

楽しもう。瞑想

楽しもう。瞑想
宝彩有菜 著 
定価(本体580円+税)

知恵の森文庫  
文庫: 240ページ
出版社: 光文社 (2011/10/12)
言語 日本語
ISBN-10: 4334785905
ISBN-13: 978-4334785901
発売日: 2011/10/12
   



(イラスト、装幀)

イラスト
原子高志

カバーデザイン
長坂 勇司  


(はじめに)

 瞑想は、人生をより豊かに、より楽しむための技術です。ノウハウです。そして、「瞑想を楽しむ」ことは、瞑想そのものを楽しむだけでなく、人生を楽しむことです。

 私たちの日々の「人生」こそ、溢れるばかりの、愛と喜びに、満ち満ちています。でも、少し油断すると、頭がすぐに「欲」にまみれて、瞬く間に多くの苦脳を作り出してしまいます。そのため、楽しいはずの人生が、辛く苦しい人生になってしまいがちです。でも、そのようなものだと諦めてはいけません。貴重な人生です。かけがえのない人生です。是非、本当の「自分の人生」を手に入れましょう。取り戻しましょう。それが瞑想でできます。

 本書は、瞑想を、第一段階と第二段階に分け、瞑想を楽しむためのポイントやコツを、丁寧に解説しました。
 
 また、「欲とは何か」「幸福とは何か」「至福とは何か」についても詳しくそのメカニズムをお話しし、さらに、瞑想体験の深いところも分かりやすく解説しました。

 瞑想することによって、誰でも自分の頭をもっとクリアにスマートに、自在に使えるようになります。そして頭が快適に誠実に働くようになると、すぐに輝くような喜びと、笑いが溢れる楽しい毎日がやってきます。花の色はさらに麗しく輝き、そよ風はさらに芳しく香り、夜空の星たちも饒舌に語りかけてきます。それらに、感動しながら優しい気持ちで享受することができます。

 瞑想することによって、豊かな愛と喜びに溢れた素晴らしい人生が取り戻せます。本書はそのために本です。是非この本で、瞑想をご自分のものして頂きたいと思います。

二〇一一年 八月 宝彩有菜
序章  瞑想とは
第1章 実践瞑想
第2章 境地瞑想
第3章 瞑想上達のコツ
第4章 日常生活と瞑想
第5章 修養の心構え
2011/10/12 朝日新聞全国版に、広告。
          
2012/12
キンドル版発売


2012/12 アマゾンより、キンドル版が発売になりました。
宝彩有菜




(ホームに戻る) (back)






© Arina Hosai 2011(all copyrights are reserved,2011)










(ホームに戻る) (back)